育て方次第で賢い子になるといわれていますが、本当なのでしょうか。 結論からいうと、本当です。 育て方次第で、将来、その赤ちゃんは賢い子になるそうです。 では、どうすれば賢い子になるのでしょう? 賢い子になる育て方は、以下の通りです。 ・遊びを邪魔しない ・絵本を読んであげる ・たくさん語りかける ・指先を使った遊びをさせる まず、赤ちゃんが遊んでいる時は、邪魔をせずに思う存分、遊ばせてください。 一つのことに集中することで、集中力を身につけることができます。 また、寝る前に絵本を読むことによって、言語能力の発達に大きな影響を与えるので、毎日読んであげるようにしましょう。 それに、たくさん語りかけることで、言葉を覚えるのが早くなりますし、言葉の意味の理解力も増します。 ですから、できるだけ赤ちゃんに話しかけてください。 さらに、指を動かすことによって、脳を刺激し、頭の回転を良くすることができるので、指先を使った遊びを積極的にやらせましょう。 こういった育て方をすると、賢い子に育つ可能性が高いです。